『TIA10周年シンポジウム』の画像

TIA10周年記念シンポジウム -拡大と深化で未来を拓くTIA-

『『TIA10周年シンポジウムposter』の画像』の画像

 TIAは、我が国のイノベーション創出を加速することを目的として、産総研、NIMS、筑波大、KEK、東大が協力して運営するオープンイノベーション拠点です。高いポテンシャルを有する5機関が連携し、総合的な研究能力(人材、施設、知的財産等)を結集することで、知の創出から産業化までを一貫して支援しています。

 10周年となる今回のシンポジウムでは、TIAのオープンイノベーションプラットフォームから生まれた代表的なイノベーション事例に加え10年の成果を講演とポスターで紹介するとともに、パートナー企業による出展を加え、連携の成果を紹介します。また、後半にはTIAの5機関の長と名誉顧問によって、今後のTIAの果たすべき役割と将来像を討論します。

 多数の皆様のご参加をお待ちしております。

 

ちらしpdfはこちら

 

日時

2019年10月15日(火)

講演会

13:00~17:50(12:00開場) 

意見交換会(会費制)

18:00~19:30

会場

イイノホール&カンファレンスセンター 4階
〒100-0011 東京都千代田区内幸町2丁目1-1 
https://www.iino.co.jp/hall/access/

参加登録

参加登録が必要です。
2019年10月9日(水) 17:00 締切 (定員になり次第、締め切らせて頂きます)
参加登録する
当日は、「参加登録証」(ご登録後メールにてお送りします)を印刷の上、ご持参ください。

意見交換会

イイノホール&カンファレンスセンター Room A
会費制 (参加登録が必要です。)
会費は当日シンポジウム受付にてお支払下さい。領収書を発行いたします。

 

プログラム

12:00 受付開始
13:00 - 13:05 開会挨拶 東 哲郎 TIA運営最高会議 議長
13:05 - 13:45 招待講演 進化する宇宙機を支える半導体デバイス技術
              新藤 浩之(JAXA)
13:45 - 14:10

成果講演1 固体電池材料界面の理解と制御を目指して
                高田 和典(NIMS)

14:10 - 14:35

成果講演2 次世代電波産業に向けた高温超伝導体テラヘルツ波発振素子の開発
                - 高温超伝導体のセントラルドグマの理解とその応用利用に向けた調査研究                                  柏木 隆成(筑波大)

14:35 - 15:50 ポスターセッション・コーヒーブレーク 於 RoomA & B
16:00 - 16:20

来賓挨拶

16:20 - 16:45

基調講演 日本の産業競争力強化とオープンイノベーションの課題
              東 哲郎(TIA運営最高会議 議長)

16:45 - 17:45

パネル討論 TIAでつくる日本の未来
 パネリスト: 中鉢 良治(産総研 理事長) 橋本 和仁(NIMS 理事長)
                     永田 恭介(筑波大 学長) 山内 正則(KEK 機構長)
                     五神 真(東大 総長) 中村 道治(TIA名誉顧問)
 モデレーター:有馬 孝尚(東大 総長特任補佐)

17:45 - 17:50 閉会挨拶  青柳 昌宏 (TIA事務局長)
18:00 - 19:30

意見交換会

 ※プログラムは予告なく変更になる場合がございます。

 

ポスターセッション

講演でも紹介されるTIAの成果や、拠点活用プロジェクトやコンソーシアムなどの事業、および関連するTIA連携機関の活動などを、ポスターと展示物で紹介します。

  • TIA10年と成果、展望
  • 拠点活用プロジェクト
  • かけはし
  • TIA関連機関の紹介