1. ホーム>
  2. TIAの事業・活動>
  3. 研究開発拠点>
  4. パワーエレクトロニクス

TIAの事業・活動

パワーエレクトロニクス

パワーエレクトロニクスは、我が国がグローバル市場において依然として高い産業競争力を有している分野です。 その中核技術はSiC(炭化珪素)パワー半導体であり、低炭素社会創成に向けた革新デバイスとしてその将来が大いに期待されています。 TIAのパワーエレクトロニクスは、産総研の30年以上にわたるSiC結晶成長からウエハ加工、エピタキシャル膜成長、SiCデバイス製造にいたる研究開発を基盤として、企業、大学、研究機関が結集し、世界をリードする日本のSiC研究開発の中心的役割を担っています。



SiC パワーデバイス研究環境の構築と最先端研究の推進

『SiCデバイス試作用クリーンルーム』の画像
SiCデバイス試作用クリーンルーム

産総研では、大規模なSiCデバイス試作用クリーンルームを整備しており、ウエハ、デバイスの様々なデータの蓄積による評価技術の確立、製造プロセス高効率化を進めています。産総研と大学による様々な基礎研究(欠陥評価や新構造デバイスの検討、シミュレーションなど)を推進し、その成果を活用して産業界のニーズに対応した応用研究に繋げています。 とりわけ、次世代大口径ウエハ製造や高耐圧デバイス製造等に、自動車メーカー、材料メーカー、加工メーカー、デバイスメーカー等が一貫連携して取り組む研究開発を推進しています。

『SiC素子量産試作品(3インチウエハ)』の画像
SiC素子量産試作品(3インチウエハ)



民活型オープンイノベーション共同研究体 TPEC

『民活型オープンイノベーション 共同研究体 TPEC』の画像
民活型オープンイノベーション 共同研究体 TPEC

産総研は、パワーエレクトロニクス・オープンイノベーションの推進に向けた新たな民活型の共同研究体「つくばパワーエレクトロニクスコンステレーション」(TPEC)を2012年4月から推進しています。 TPECでは、パワーエレクトロニクスに関連するグローバル企業と先端技術を有する中小企業が、研究コストをシェアし研究開発資金の大半を賄って自立的に運営しています。産業応用に向けた研究開発を推進すると同時に次世代のパワーエレクトロニクスを担う優秀な人材育成もTPECの重要なミッションです。



技術開発コンソーシアム ASCOT

『産総研を活用した超電導技術開発共同体 ASCOT』の画像
産総研を活用した超電導技術開発共同体 ASCOT

産総研は、産業界20社、アカデミア、公的研究機関6機関の計26機関で、新たな技術開発コンソーシアム「つくば応用超電導コンステレーションズ(Applied Superconductivity Constellations of Tsukuba( ASCOT))」を2016年5月に設立しました。 ASCOT は、超電導に関する材料開発、冷却技術から応用システム開発に至る川上から川下の産業界と大学や公的研究機関が幅広く参加する日本型オープンイノベーション拠点の構築と、それを活用したイノベーションの創成、並びに、次代を担う人材育成を特徴としています。



TIAを活用するプロジェクト

パワーエレクトロニクスコア研究領域の特許情報について

関連ファイルダウンロード