1. ホーム>
  2. TIAについて

TIAについて

TIAは、産総研、NIMS、筑波大学、KEK、東京大学が協力して運営するオープンイノベーション拠点です。5つの機関の総合的な研究開発能力(人材、施設、知的財産等)を結集して、知の創出から産業化までを一貫して支援します。

TIAの主要な活動は、下の図のように大きく4つに分類されます。ここでは、01は拠点を活用するプロジェクトなどを指していて、実証や事業化に重点をおいた大規模なものであり、04は基礎研究や調査研究から連携を拡大していく小規模の活動です。一方、02と03は拠点の施設や装置、研究の蓄積や人材を使ってサービスを提供する活動です。



TIAの多彩な連携

TIAのプロジェクトや事業は、多数の企業・公的機関との連携で行われています。2016年度は、19のプロジェクトやコンソーシアムに、160社の企業と、多数の大学や公的機関が参画しました。

『TIAabout_多彩な連携_jpg』の画像

詳しくはパンフレットの14、15ページをご覧ください。


TIAの成果

TIAのプロジェクトや事業は、基礎から事業化に至る多彩な成果を達成しています。

『TIAabout_多彩な成果_jpg』の画像


TIAの実績

TIA-nanoからTIAへと続く7年間の数値実績を以下にグラフで示します。

『『数値実績』の画像』の画像