1. ホーム>
  2. TIAについて

TIAについて

TIAは産業技術総合研究所(産総研)、物質・材料研究機構(NIMS)、筑波大学、高エネルギー加速器研究機構(KEK)、東京大学が協力して運営するオープンイノベーション拠点です。我が国のイノベーションを加速することを目的として、高いポテンシャルを有する5機関が連携し、人材、施設、知的財産などの総合的な研究開発能力を結集することによって、知の創出から産業化までを一貫して支援するとともに、次世代を担う人材の育成を行っています。

TIAは2009年に「つくばイノベーションアリーナナノテクノロジー拠点(TIA-nano)」としてスタートし、名称を現在のTIAとした2016年からは、研究領域をナノテクノロジーに限らず、バイオ、医療、計算科学、IoTなどへと拡大しています。同年に開始したTIA連携プログラム探索推進事業「かけはし」は、TIA中核機関の連携によってイノベーションの芽となる研究シーズを育てることと、研究シーズとニーズをマッチングさせて大型研究開発プロジェクトや事業化へと発展させる役割を担っています。