1. ホーム>
  2. 装置詳細

装置詳細

エックス線CTスキャナー

機関 産業技術総合研究所
施設名 蓄電池基盤プラットフォーム
メーカー 東芝ITコントロールシステム(株)
型式 TOSCANER-34500FD
用途 物体の透過像及びCT像の観察
仕様(特徴・詳細) 試料にエックス線を照射し、透過したエックス線を検出器でとらえ、画像処理ソフトウェアを通じて二次元像を得る装置です。
エックス線を照射した状態で試料を水平盤上にて360°回転させ、検出された透過信号に対して画像処理を行うことで、試料を三次元的に把握する上で有用なCT像が得られます。
定格電圧: 450 kV
定格電流: 3.3 mA
定格出力: 1.5 kW
試料寸法: 外形φ600 mm×高さ600 mm まで対応可
試料質量: 最大60 kg
最小焦点寸法: ①450 kV, 3.3 mA時、1 mm、②450 kV, 1.6 mA時、0.4 mm(①②とも寸法精度: ±0.2 mm)
透過性能: 鋼材 80 mm, アルミ材 250 mm, PE 600 mm, PET 450 mmを透過可能
透過性能: 鋼材 80 mm, アルミ材 250 mm, PE 600 mm, PET 450 mmを透過可能
エックス線検出器: 16インチ フラットパネルディテクター (2,000×2,000 pixel)
画像解析ソフトウェア: VGstudioMax 3.1.1
利用方法 詳しくはこちらをご覧下さい
問合せ先 国立研究開発法人産業技術総合研究所
TIA推進センター プラットフォーム運営ユニット 共用施設ステーション
〒305-8568 茨城県つくば市梅園1-1-1 中央第2
電話:029-861-3210
FAX:029-861-3211
Eメール:tia-kyoyo-ml@aist.go.jp
備考
施設画像
検索キーワード