TIAのタイトルイメージ

 
  光・量子計測

宇宙の起源、物質や生命の根源を解明するための先駆的学術研究が、大型加速器をはじめとする最先端の高度な光量子計測技術を用い、世界をリードして進められています。 「光・量子計測」では、TIA中核5機関の高度な光量子計測技術の力を結集する3つのオープンな連携の場「スクエア」を設け、新しい科学と産業の創成を目指します。そして本活動をTIA-ACCELERATEとして推進しています。

光・量子発生および計測技術の革新とその利用研究の高度化


3つのスクエアは、それぞれ、高性能な光量子発生技術開発、高感度・高精度・高分解能な光量子検出器開発と先端的計測技術法開発、および新たに開発された光量子計測技術を用いて行う物質機能発現メカニズム解明研究と新機能材料の基礎開発を目的としています。


研究現場、産業現場に設置できる小型・軽量・可搬な光量子ビーム源の開発


大型加速器開発技術の技術移転やSiCパワー半導体の採用等により、加速器全体の高性能化・小型化・省エネルギー化を目指します。 研究や産業現場の新しいツール「匠の道具」を創成し、小型加速器を用いた光量子ビーム源(X線、中性子、ミュオン)の利用拡大を図ります。

. 次世代パワーエレクトロニクス応用システム開発の先導研究
  「コンパクト加速器を実現するための超高速・高電圧パルス電源の開発」

CNTゼオン工場

静電型イオン貯蔵リングを用いた応用研究


高感度、高精度、高分解能の検出器開発と革新的計測技術の構築


超伝導検出器やSilicon-On-Insulator(SOI)半導体検出器等の高感度、高性能、高分解能の新型検出器を開発します。
宇宙線、放射線、および加速器が生み出す量子ビームを利用する基礎物理学研究、医療研究、インフラ診断までの多様な分野での計測・診断技術の革新を実現します(例、宇宙線ミュオンを利用した大型構造イメージング技術)。

 

量子線用SOIセンサー研究開発


物質機能発現メカニズムの探究と新しい構造材料・機能性材料の基礎開発


光量子ビーム利用により、物質機能発現メカニズムの探究を目指す基礎物性研究を推進します。
光量子ビーム利用研究現場と材料開発現場を直結させ、世界をリードする新材料の出現が待たれる「構造材料」「エレクトロニクス材料」「環境・エネルギー材料」分野の基礎開発研究を加速度的に進めます。

超伝導X線吸収微細構造分析装置(SC-XAFS)を用いた応用研究



TIAを活用するプロジェクト