つくばイノベーションアリーナのタイトルイメージ

 
HOME > オープンプラットフォーム
オープンプラットフォーム
TIA第2期(2015年度~2019年度)には「ユーザ視点」のオープンプラットフォームを構築する。
・連携の自由度をさらに高めた3つのプラットフォームを形成し、イノベーションを結実させるモノとサービスの融合に向けて効果的な取組みを進める。
・スーパークリーンルームやフォトンファクトリーなどの大型施設や中核4機関の共用施設、人材育成の仕組みを核にプラットフォームを構築し、そこに集積される知、技術、人をユーザのニーズに応えて活用できる環境を提供する。
・外部からの提案に基づき内外の知、人、技術等を受け入れ、さらに中核4 機関の知を産み出す能力を活用し、新たなプラットフォームへと展開し、オープンプラットフォームを拡大させる。


システム化プラットフォーム

ナノエレクトロニクス パワーエレクトロニクス MEMS
産総研SCRを中核にしたSiデバイス実証評価施設及びSiデバイス研究の知の蓄積 産総研の長年にわたるSiC研究を基にした知の蓄積と研究開発施設 産総研集積マイクロシステム研究センターによるMEMS研究の知の蓄積と、MNOICと連携して運営するMEMS試作ファンドリー
(MEMS: Micro Electro Mechanical Systems)

先進材料プラットフォーム

ナノグリーン カーボンナノチューブ
環境・エネルギー技術のブレイクスルー実現に向けた物質・材料研究の知の蓄積と先端研究開発施設 CNT量産実証施設とCNT量産化、安全性評価、複合材料研究の知の蓄積蓄

共通基盤プラットフォーム

光・量子計測 人材育成 共用施設ネットワーク
光・量子発生および計測技術の革新とその利用研究の高度化 Nanotech CUPAL、サマーオープンフェスティバル、学位プログラムの創設などの人材育成事業 先進施設とそこに蓄積した知の共用化及びナノテクノロジープラットフォーム事業等による共用施設の全国ネットワーク化