TIAのタイトルイメージ

 
  ナノグリーン

物質・材料研究機構(NIMS)を基軸とし、TIA中核機関を含むアカデミアとの協調によって、ナノテクノロジーを活用した環境・エネルギー技術創出を志向した研究連携の場を構築し、産業界に提供しています。 その共創場には、国内外の産業界から幅広くパートナー企業に参画いただき、材料技術のイノベーションにつながる研究・開発活動を推進するとともに、企業の要望に応じて、様々な連携形態を提供しています。 ナノグリーンでは、NIMSが保有する材料技術と先端計測技術や計算科学との連携・融合によって効率的な材料開発を目指しています。


材料技術を強みとした研究テーマの選択


地球環境問題を抜本的に解決して持続可能な社会を構築するために、環境・エネルギー分野の材料技術についての基礎・基盤的な研究開発を推進しています。特に、太陽光から出発するエネルギーフローに関わる太陽電池、二次電池、燃料電池などに関連する材料に共通する技術的な課題を対象とした全固体二次電池、リチウム空気二次電池およびペロブスカイト太陽電池については、産官学の連携によるオール・ジャパンのチーム編成で重点的に取り組んでいます。

計測と実験の連携・融合により、材料界面現象の理解と制御を目指す体制

リチウム空気電池の原理図と10セルスタック(左)
低温・溶液プロセスにより作製したペロブスカイト太陽電池と素子の断面模式図(右)



動作環境下での表面・界面のその場解析を行う先端計測技術


NIMSが開発した多様な環境場を制御しながら表・界面におけるin-situナノ計測を行う技術により、環境・エネルギー材料の機能発現のキーとなる表・界面現象の基本メカニズムを解明します。
低炭素化材料設計・創製ハブ拠点の研究支援形態

シンクロトロン放射X線を利用した固液界面その場観察



電子・原子移動、イオン拡散などのダイナミクス解析を行う計算科学


高度な計算科学手法を用いて、エネルギー変換機能の基礎原理であるナノ表面・界面における電子・原子ダイナミクスの解明と、得られた知見に基づく新規な材料及び機能の設計指針の構築を行っています。
first principle

界面構造の第1原理計算


TIAを活用するプロジェクト