1. ホーム>
  2. スクール

スクール

「超電導スクール2018」開催について

つくば応用超電導コンステレーションズ(ASCOT)は、超電導人材育成事業の一環として、「超電導スクール2018」を開催します。

講師と講義内容

12/09:超電導の物理と化学(田島節子/大阪大)、超電導エレクトロニクスの基礎(藤巻朗/名古屋大)、超電導線材の基礎(木須隆暢/九州大)

12/10:モータ、発電機(中村武恒/京都大)、RE-123系高温超電導線材(飯島康裕/フジクラ)、超電導技術の電力機器応用への期待と課題(三村智男/TEPCO)、超電導リニアによる中央新幹線(北野淳一/JR東海)

12/11:Fundamentals of Superconducting Electronics (Dr. Oleg Mukhanov/ Hypres, Inc.), Fundamentals of Superconducting Wire(Prof. David C Larbalestier/NHMFL), Second Generation HTS wire and the Application (Dr. Valery Petrykin/SuperOx), HTS Roebel Cables and the AC Application (Prof. Nick Long/ Robinson Research Institute), Superconducting Wire and its Magnet Applications (Mr. Michael Tomsic/Hyper Tech)

尚、期間中に、超電導磁石工場見学会(現役学生のみ対象)(日立製作所)、学生によるポスター発表会、交流会等イベントを実施します。

関連書類

超電導人材育成事業「超電導スクール2018」

参加申込方法

超電導スクール2018申込み記載要領

参加希望者は10月10日までに、下記事項を番号と共に記載の上、メール(宛先:sc-jimu-ml@aist.go.jp)にてお申し込み下さい。 参加の可否は10月17日までに御連絡します。

学生の方
  1. 氏名(漢字)
  2. 氏名(ローマ字)
  3. 氏名(カナ)
  4. 国籍
  5. 性別
  6. 大学名
  7. 学部
  8. 学年(略称D, M, B)
  9. 指導教官名
  10. 専門分野(物理・化学、線材・バルク、デバイス、応用、その他具体的に)
  11. メールアドレス
  12. 携帯電話番号
  13. ISS2018 registration ID (ISS2018に参加登録をしていない場合は不要です)
  14. 参加の目的(400字程度)※提出された文書を審査の上、参加者を採択します。
  15. 施設見学会参加希望の有無 ※応募人数によってはご希望に添えない場合があります。
  16. その他連絡事項(特別な事情で参加できない日がある場合、ベジタリアン、食品アレルギーなど)
企業・公的機関の方
  1. 氏名(漢字)
  2. 氏名(ローマ字)
  3. 氏名(カナ)
  4. 国籍
  5. 性別
  6. 年齢
  7. 所属(機関名・部署名)
  8. 専門分野(物理・化学、線材・バルク、デバイス、応用、その他具体的に)
  9. 所属先住所
  10. メールアドレス
  11. 携帯電話番号
  12. その他連絡事項(特別な事情で参加できない日がある場合、ベジタリアン、食品アレルギーなど)

参加申込先

超電導スクール事務局(sc-jimu-ml@aist.go.jp

参考資料

過去の超電導スクール

ページの先頭へ戻る