富士山

SIP-IMASM2017

English   


筑波山と研究学園都市

第3回内閣府SIP革新的構造材料 先端計測拠点
TIA-Fraunhofer合同国際シンポジウム

2017年 10月3~5日

産業技術総合研究所
つくばセンター 共用講堂 大会議室

参加費無料 (参加登録はこちら)


内閣府戦略的イノベーション創造プログラム(Cross-Ministerial Strategic Innovation Promotion Program: SIP) の1つである革新的構造材料 (Structural Materials for Innovation: SM4I)の一環として実施している先端計測拠点(Innovative Measurement and Analysis: SIP-IMASM)の公開シンポジウムを開催します。 SM4Iでは、航空機と発電所用の構造材料を対象として強度重量比向上と耐熱温度向上による省エネルギー社会構築を目指しています。SIP-IMASMは、TIAのプロジェクトとして位置付けられています。 セッションは、高所からこの分野を俯瞰頂く基調講演、SM4Iの材料開発者の招待講演とその開発に対応したSIP-IMASMチームの先端計測の成果報告から構成されます。 特に、今年は国際連携促進のために、TIA-フラウンホーファー ワークショップを合同で開催します。

今年の会議は、近年民間航空機用軽量材料としてB787, A350の主翼に採用されているCFRP複合材料、自動車用軽量材料に注目します。 今後、第21回気候変動枠組条約締約国会議(COP21)の2°C目標達成に向けて、輸送機器等へのさらなる社会実装が期待されます。

SIP-IMASMチームには、産業技術総合研究所、物質・材料研究機構、筑波大学、高エネルギー加速器研究機構、東京大学のTIAの中核5機関が参画しています。



広告ポスターダウンロード

スケジュール  (プログラム)

来賓挨拶

歓迎の挨拶

基調講演

招待講演


       

TIA-Fraunhofer ワークショップ

  • Henning Heuer
    フラウンホーファーセラミックス技術とシステム研究所 検査システム部門 部門長
    「フラウンホーファー研究機構とフラウンホーファー複合材料同盟」
  • Bernd Valeske
    フラウンホーファー非破壊検査研究所 IZFP 副所長 /
     部材と組立部品の非破壊検査と評価部門 部門長/
     自動車品質フラウンホーファーイノベーションセンター センター長
    「接着接合の非破壊検査ー産業応用における研究開発成果」
  • 佐藤 千明
    産総研/ 東京工業大学
    「産総研-接着・界面現象研究ラボの紹介と将来の展望」
  • Andreas Margraf
    フラウンホーファー鋳造,複合材料,プロセス技術研究所 IGCV
    「拡大縮小可能な線走査とコンピューター可視化による炭素繊維製造欠陥のオンラインモニタリングと分類」
  • Frank Manis
    フラウンホーファー鋳造,複合材料,プロセス技術研究所 IGCV
    「再利用炭素繊維材労のミクロとマクロ解析の相関」
  • 小口 かなえ
    東京大学
    「CFRP中赤外超音波検査の数値シミュレーション」
  • 下位 幸弘
    産総研
    「ポリマーと金属の接着界面の分子シミュレーション」

参加登録

    登録締切: 9月25日 12:00

    ここをクリックしてください(会議の使用言語は英語です)

リンク

関連イベント

アクセス

組織委員会

    大久保 雅隆(AIST)、グランラート,ロレンツ(AIST)、フォンス, ポール(AIST)、オローク, ブライアン(AIST)、原田 祥久(AIST)、間宮 広明(NIMS)、上殿 明良(筑波大)、木村 正雄(KEK)、渡邊 誠 (NIMS)、笹 公和(筑波大)、武市泰男(KEK)


連絡先

SIP-IMASM2017 組織委員会
国立研究開発法人 産業技術総合研究所
ナノエレクトロニクス研究部門/構造材料ナノ物性計測分析ラボ
〒305-8568 茨城県つくば市梅園1-1-1 つくば中央第2
E-mail: imasm-sympo@aist.go.jp

Last Updated: 8th June 2017